部署紹介

訪問診療部

在宅療養支援病院

在宅訪問診療とは

医師
ご自宅に居ながら医療を受けることが出来る仕組みで、医師が定期的に訪問し、診療、薬の処方、療養上の相談、指導等をいたします。
あわせて訪問看護や訪問リハビリの利用もできます。

訪問診療の利点

  1. 定期的に診療を受けながら、住み慣れた自宅で過ごせます。
  2. 辛い移動や病院での待ち時間がありません。
  3. 福祉サービス(訪問介護等)の対応も可能です。

対象となる方

医師
退院後も自宅での医療ケアが必要な方や自宅での療養を希望される方で、寝たきり状態の方、家族等の助けがないと通院ができない方です。

訪問診療Q&A

公用車
Q.どんな人が訪問診療に来てくれるのですか?
 A.内科医師と看護師です。
Q.どのくらいの頻度ですか?
 A.月2回程度です。
Q.(定期訪問日以外で)急に具合が悪くなった時は、どうすればいいですか?
 A.24時間対応します。お電話ください。(倉敷紀念病院TEL086-465-0011)

医療費について

例)自宅へ月2回の訪問診療をした場合の1か月当たり

保険 分類 詳細 1割負担 2割負担 3割負担
医療 在宅 在宅時医学総合管理料
訪問診療料
6,270円 12,530円 18,800円
(2016.04.01現在)
これ以外に調剤薬局での薬代がかかります。
そのほか、臨時往診や注射・検査等を行った場合は別途費用がかかります。

担当医師

櫻井 恵

倉敷紀念病院 訪問診療部
 部長 櫻井 恵(総合内科専門)
小出 尚志

倉敷紀念病院
 理事長・院長 小出 尚志(循環器内科)
林 里美

倉敷紀念病院
 林 里美(糖尿病・一般内科)

スタッフ

公用車

医師のほか、看護師、医療ソーシャルワーカー、事務

↑ ページの上部へ