診療概要

当院の脳神経外科は、昭和41年に岡山大学(以下岡大)医学部脳神経外科が開設されて間もない、昭和42年から、岡大脳神経外科から脳神経外科医が派遣され、以来今日に至るまで、倉敷及びその近傍の脳神経外科的疾患の患者さまの診療を行っています。 当院と岡大脳神経外科との間で、絶えず密接な連携をとることにより、専門的かつ高度な脳神経外科診療を行うよう努めております。また、インターネットを利用した両施設間での画像転送により、画像や情報をやりとりして、診療日以外や緊急時でも通常の診療体制がとれるようにしています。

特徴・特色

対象疾患は、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、機能性疾患(パーキンソン病)等々の脳神経外科的疾患を全て含み、入院は随時可能です。治療は、手術を含め基本的には当院で行いますが、症例によっては、岡大脳神経外科やその関連施設と協力して行っています。 脳卒中や頭部外傷では、脳に留まらず全身的な治療が必要な場合が多いのですが、当院の外科医及び内科医とのグループ診療により、さらにきめ細かい治療を行っています。

診療担当表/医師紹介

↑ ページの上部へ