平成29年度 倉敷第一病院 病院指標

         



1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1 7 15 18 40 73 175 186 337 160

[解説]

当院は急性期医療のための一般病棟以外にも、入院後早期からリハビリ治療を開始し早期の社会復帰を目指す回復期リハビリテーション病棟や、在宅復帰に向け多職種による退院支援を行う地域包括ケア病棟など、患者様の病状にあわせた入院体制を整えており、幅広い年齢層の患者様に質の高い医療を提供しております。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス

160690XX99XX0X

胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病 なし

114

51.82

19.94

7.02%

80.82

160800XX01XXXX

股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
53 68.87 27.09 15.09% 81.51

160800XX99XX0X

股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病 なし
50 23.76 15.22 47.17% 80.40

160760XX97XX0X


前腕の骨折 手術あり 副傷病 なし
29 13.21 5.21 0.00% 68.14

160980XX99X0XX

骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし
25 50.04 19.97 4.00% 79.68

[解説]

腰椎圧迫骨折、大腿骨骨折など高齢化に伴う疾患が上位を占めていますが、前腕骨折の入院も多く幅広い疾患を受け入れています。当院は回復期リハビリテーション病棟を有しており、術後から退院まで継続的なリハビリテーションを提供しているため、比較的転院率が低く、平均在院日数が全国平均よりも長めになっています。

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス

040081XX99X00X

誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病 なし

38

26.16

20.83

5.26%

84.42

160650XX99X0XX

コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし
27 54.33 23.78 11.11% 84.89

110310XX99XX0X

腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病 なし
12 26.25 12.34 0.00% 85.58

050130XX99000X

心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病 なし
-
-
17.71
-
-

060100XX01XX0X

小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病 なし
-
-
2.68
-
-

[解説]

肺炎は高齢者に多く見られる疾患で、内科の1位を占めています。患者様の平均年齢はいずれも80歳代と特に高齢の方が多く、重症化しやすいため3週間以上の入院となることが多い疾患です。

外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス

160690XX99XX0X

胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病 なし

28

50.00

19.94

10.71%

79.93

060020XX99X30X

胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 副傷病 なし
11 2.00 6.83 0.00% 64.00

160400XX99X0XX

胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2 なし
-
-
8.86
-
-

160650XX99X0XX

コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし
-
-
23.78
-
-

040081XX99X00X

誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病 なし
-
-
20.83
-
-

[解説]

手術の有無に関わらず、幅広い疾患の患者様を受け持つため高齢者に多い疾患が上位となっています。この他、気胸、胃の悪性腫瘍等の患者様など幅広く医療を提供しています。

※厚生労働省の集計条件に則り、10未満の数値は「−」表示としています。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 1 2 2 14 1 7
大腸癌 0 0 1 4 0 5 1 7
乳癌 0 0 0 0 1 0 1 7
肺癌 0 0 0 4 1 2 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 0 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

[解説]

5大癌とは日本で発症症例数が多い胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌のことを言います。早期のステージTから進行しているステージWまで様々な患者様がおられますが、手術や化学療法など患者様の状態に合わせた診療を行っております。
また、肺癌については治療前の検査入院の患者様もおられ、入院中に検査結果が出ない場合があるため、入院中の病期分類が「不明」になることが多い傾向にあります。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 6 10.50 57.00
中等度 12 33.58 85.83
重症 2 45.00 86.50
超重症 0
不明 0

[解説]

成人市中肺炎とは、普段の社会生活を送る中で罹患した肺炎のことを言います。重症度は「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度」「血圧」などの数値、「意識障害」や「免疫不全状態」の有無、などの基準に沿って評価するもので数値が高いほど重症と言えます。
高齢になるほど、重症度が高くなり平均在院日数も長くなる傾向にあります。

5.脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内
-
-
-
-
その他
12
80.92
85.92
13.33

[解説]

脳梗塞とは、脳の動脈の閉塞や狭窄のために脳虚血となり脳組織が酸素不足や栄養不足のため壊死または壊死に近い状態になることを言います。
多くの場合は継続的なリハビリを必要としますが、当院は早期在宅復帰のための回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟を有しており、リハビリ目的の転院が必要ないため転院率は高くありません。発症の時期に関わらず治療後の充実したリハビリを提供しています。

※厚生労働省の集計条件に則り、10未満の数値は「−」表示としています。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 37 3.59 65.05 16.22% 78.41
-
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 34 0.65 21.56 0.00% 69.26
-
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 34 0.50 3.91 2.94% 64.79
-
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 19 2.47 62.05 10.53% 82.26
-
K093 手根管開放手術 11 0.09 2.45 0.00% 74.36
-

[解説]

最も多い手術は骨折部位を骨接合する「骨折観血的手術」です。高齢者の転倒が原因で発症することが多く、当院の患者様の平均年齢も69才、78才と高齢の患者様が中心です。
いずれの疾患も、術後の早期から継続的なリハビリテーションを提供し、出来るだけ早く日常生活に復帰していただくことを心掛けています。

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 69 0.00 1.06 0.00% 58.49
-
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 10 0.00 1.80 0.00% 61.60
-
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
-
-
-
-
-
-
K654 内視鏡的消化管止血術
-
-
-
-
-
-
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
-
-
-
-
-
-

[解説]

大腸ポリープや大腸腫瘍の患者様に行う「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術」の件数が最も多く1泊2日の短期入院です。当院内視鏡センターには患者様にリラックスして検査、手術を受けて頂けるよう、充実した設備、機器を備えております。胃癌・大腸癌の早期発見のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めします。

外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 10 4.70 22.20 20.00% 84.00
-
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア
-
-
-
-
-
-
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合
-
-
-
-
-
-
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿
-
-
-
-
-
-
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
-
-
-
-
-
-

[解説]

他医療機関や他施設からの胃瘻造設依頼が多く、胃瘻造設術が上位にあります。
外科では低侵襲な手術を心掛けており、特に鼠径ヘルニア手術や胆嚢摘出術では腹腔鏡を用いた手術も行っています。

7.その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
-
-
異なる 0 0.00%
180010 敗血症 同一 0 0.00%
異なる
-
-
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一
-
-
異なる 0 0.00%

[解説]

参考値ですが厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院データ集計結果では、「播種性血管内凝固症候群」の発生率は0.17%、「敗血症」については0.56%でした。
当院では、「播種性血管内凝固症候群」の発生率は0.1%、「敗血症」は0.4%であり全国平均と比較し非常に低い数値となっています。
※厚生労働省の集計条件に則り、10未満の数値は「−」表示としています。

更新履歴


2018.9.28
3版作成

2017.10.01

2版作成
2016.10.01

初版作成

↑ ページの上部へ