倉敷第一病院の個人情報への取り組み

倉敷第一病院では、理念及び基本方針に従い最良の医療を提供できるよう努力しております。

また、患者様・利用者様の個人情報とプライバシーを保護する目的で、以下に掲示する様々な取組みを行っております。

1.個人情報取扱責任者

当院の個人情報取扱責任者は、病院長 佐藤 和道 です。

患者様の大切な個人情報が漏洩した場合、もしくは情報が漏洩していると思われる時には個人情報お問合せ窓口までお申出下さい。個人情報お問合せ窓口は、すぐに個人情報取扱責任者に報告し、然るべき対処をします。

2.個人情報の利用目的

当院の通常業務での利用目的は以下の通りです。

(内部利用)

・ 医療・介護サービスの提供

・ 医療保険事務・介護保険事務

・ 入退院等の病棟管理、会計・経理、医療事故等の報告など管理業務

・ 医療機関内で行われる症例研究

・ 医療・介護サービスの業務の維持・改善のための基礎資料

・ 学生への実習の協力

(外部利用)

・ 他医療機関・事業者等との連携・情報提供

・ 診療に対し、外部の医師への意見・助言の要求

・ 業務委託(検査、清掃、寝具、給食等)

・ 審査支払機関や保険者へのレセプト提出・照会への回答

・ 市町村等より受託した健診の事業者への結果報告

・ 医師賠償責任保険における保険会社への相談

・ 外部監査機関への情報提供

・ 臨床研究のためのデータ収集

・ 事故などに関わる保険会社への情報提供

3.学会・研究会での利用

患者様・利用者様の個人情報が医師、看護師、その他職員の勉強会など教育目的で使用されることがあります。 学会や研究会で患者様・利用者様の個人情報が、医療の発展を目的として利用されることがありますが、 学会や研究会では患者様・利用者様の氏名等の個人を特定できるような情報は発表しません。

4.病状等説明

当院では最良の治療が継続できるよう、患者様・利用者様ご本人だけでなく、ご家族等に対しても病状等説明を行う場合があります。 対象となるご家族を指定される場合や、患者様・利用者様ご本人だけへの説明を希望される場合(ご家族への説明を拒否する場合を含む)は主治医にお申出下さい。

なお、上記に関わらず、主治医の医学的判断により、ご家族にのみ病状等説明を行う場合があります。

5.警察及び消防署からの照会

交通事故や傷害事件など現場から搬送されてきた場合や、救急隊による救急搬入の場合、当院では原則として警察及び消防署(救急隊)からの照会に、 氏名、病状を含む個人情報について回答をいたしております。

6.プライバシーの保護

当院ではプライバシーの保護が重要な課題の一つであると考えています。

外来では中待合室などに次の患者様に入って頂かずに医師の診療を受けることができます。

また入院の病室にご自分の名前を表示したくない場合はお申出下さい。

7.入院有無の外部からの問い合わせ及び面会について

当院では患者様・利用者様の入院の有無について問い合わせがあった場合は、原則として返答いたしております。

また、面会申込の際は、原則として患者様・利用者様の入院の有無及びお部屋のご案内をさせて頂きます。もし、外部よりの問い合わせ及び、 面会を拒否される場合などはお申出下さい。

8.個人情報の公開

当院では原則として診療録を含めた個人情報の公開を行っております。公開を希望される場合は主治医までお申出下さい。 なお、迅速に公開を行うよう努力いたしますが、最良の治療の継続に支障を来す場合などで公開しないことがあります。 その際には文書にてお知らせしますのでご了承下さい。質問や苦情は個人情報お問合せ窓口で承ります。

9.個人情報の訂正や利用取り消しの申し立て

患者様・利用者様の個人情報につきまして、訂正の必要な箇所がございましたらお申出下さい。 また、患者様・利用者様の個人情報につきまして利用の制限もしくは停止をご希望の方は個人情報お問合せ窓口までお申出下さい。

10.その他

上記利用目的以外に個人情報を利用する場合には、必ずご本人の同意を得るものとします。 なお、法令に基づく場合、生命・身体・財産保護、公衆衛生の向上、児童の健康育成、国等の公共団体からの協力依頼の場合には、例外としてご本人の同意を得ることなく利用する場合があります。

(付記)

本内容につきまして、同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申出下さい。

特にお申出のない場合は患者様・利用者様の同意を得たものといたしますのでご了承下さい。

これらのお申出は後からいつでも撤回、変更することが可能です。尚、患者様・利用者様にお渡しした後の個人情報の記載された書類等の取り扱いにつきましては当院では責任を負いかねますので、慎重にお取り扱い頂きますようお願い致します。

一般社団法人National Clinical Database(NCD) の事業の参加について

患者さんへ     専門医制度と連携したデータベース事業について

病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。そこで日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、『一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)を立ち上げ、データベース事業を開始することになりました。この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
一般社団法人National Clinical Database 代表理事
岩中 督

1.本事業への参加について

本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

2.データ登録の目的

患者さんに向けたより良い医療を提供する上では、医療の現状を把握することは重要です。NCDでは、体系的に登録された情報に基づいて、医療の質改善に向けた検討を継続的に行います。NCD参加施設は、日本全国の標準的成績と対比をする中で自施設の特徴と課題を把握し、それぞれが改善に向けた取り組みを行います。国内外の多くの事例では、このような臨床現場主導の改善活動を支援することにより、質の向上に大きな成果を上げています。

3.登録される情報の内容

登録される情報は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法等となります。これらの情報は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された診療科にお問い合わせ下さい。

4.登録される情報の使われ方

登録される情報は、参加施設の治療成績向上ならびに皆さまの健康の向上に役立てるために、参加施設ならびに各種臨床領域にフィードバックされます。この際に用いられる情報は集計・分析後の統計情報のみとなりますので、患者さん個人を特定可能な形で、NCD がデータを公表することは一切ありません。情報の公開にあたっても、NCD内の委員会で十分議論し、そこで承認を受けた情報のみが公開の対象となります。
お問い合わせについては受診された診療科またはNCD 事務局までご連絡下さい。
National Clinical Database 事務局
URL:http://www.ncd.or.jp/
(お問い合わせは上記ホームページ内のフォームからお願いいたします。)

↑ ページの上部へ