診療案内

皮膚科

担当医師

澤田 文久  医師


部長 澤田 文久 医師
日本皮膚科学会 皮膚科専門医


外来診療日

→ 診療担当表をご確認ください。

診療内容と科の特色

皮膚は人体における最大級の面積をもつ臓器であり、内臓器を守っております。

塗り薬

皮膚の健康は内臓に健康につながると考え、皮膚疾患全般を軽微な障害であっても真剣に対処いたします。診断および治療抵抗性皮膚疾患に対しましては、日々指導をいただいている川崎医科大学皮膚科学教室をはじめ、基幹病院の先生方と連携を密としております。

当科のモットー

1.わかりやすく丁寧にご説明します
問診

皮膚疾患は慢性化するものが多いのは事実ですが生活習慣の見直しや治療の基本である外用法の徹底によって治るものがあります。増悪因子の探索からその対策などをわかりやすく丁寧に説明することが非常に大切であるという信念で診療にあたっております。

塗り薬
2.外用処置を一緒にやってみましょう

理屈はわかってもいざ、実践となると難しい薬の塗り方。
実際にやってみましょう。一緒に。

3.検査をします

パッチテスト、皮膚生検、体表エコーといった画像検査などを組み合わせ病態の解明に努めます。

4.外科処置にも対応いたします

当科の特色の一つに尋常性白斑に対する1oパンチグラフト植皮術があります。
健常部の皮膚を1oという小さな皮膚片として採取し白斑部に植皮し、定着を目指すという方法です。慢性疾患である本症に有益なことがあります。
ご相談ください。

5.爪ケアをします

病的に肥厚した爪の処置をいたします。
お気軽にご相談ください。

↑ ページの上部へ